ランペドゥーサ島

ランペドゥーサ島はイタリア最南端の島です。パレルモから飛行機で1時間半でランペドゥーサ島のとてもシンプルな飛行場に着きます。島のタクシーはほとんどオープンのジープ。気さくなおじさんのドライバーを見つけられました。空港からすぐ近くの港にはたくさんの停泊していて、ここからボートツアーがでます。私たちは時間がなかったので島のあちこちをタクシーでまわりました。島のあちこちに小さなビーチが点在します。どのビーチもとてもきれいです。

 

p.clear{ clear: both; }

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その中でも一番人気が、フライング・ボートが見れる最高の透明度のビーチ、ラビットビーチです。このビーチは崖の下にあり入り口からビーチまで20分くらい降りていかなければ行けません。最初に見える海がこの景色です。青い海が完全に透き通っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからもう少し島の左側にラビットビーチがあります。細かい白砂のビーチで水は完全に透明です。たくさんの人が海水浴を楽しんでました。ただビーチには売店もなにもありません。この環境が海がきれいな証かもしれません。このビーチから船で深いところに行くと写真のように船が飛んでいるように見えるのです。

 

 

 

 

 

 

 

今回の旅行はシチリアをまわったのですが、パレルモからタオルミナのゲートウェイのカターニアに移動するときに、なんとランペドゥーサ島を経由するのが一番便利でした。4時間程度の滞在でしたので泳ぐことはできませんでしたが、街がコンパクトにまとまった島だなって印象です。シチリアのツアーの間に1泊くらいすればちょうどいいと思います。

JIN